fbpx

Harassment Policy

Powell Street Festival Society (PSFS) is committed to providing a safe, respectful, and harassment free festival experience for all participants, volunteers, and festival goers.

PSFS does not tolerate any physical, verbal or emotional harassment or discrimination. Everyone is welcome at our events and all participants shall be treated with respect and kindness.

Unwelcome remarks, jokes, or critiques about a person’s race, culture, religious beliefs, sexual orientation, gender identity and expression, minority gender status, physical or mental ability, marital status, economic status, age, ancestry, appearance, or place of origin, etc. will not be tolerated.

Participants violating our harassment policy may be ineligible from participating in the future.

If you experience or witness any issues, the procedure is as follows:

  1. If reasonable and comfortable, tell the relevant individual(s) that the behaviour is unwelcome and request that the offensive behaviour cease.
  2. The complainant should keep a written record of the steps taken to alleviate the problem.
  3. If required, inform the Executive Director (ED) of your complaint. If it feels uncomfortable or unsafe to inform the ED, inform the Board President or Vice-President. If it feels safe, a staff member can assist with this process.
  4. Request an Incident Report Form from any staff member and deliver the completed form to the ED or Board President. The ED will log the incident and respond in an expedient manner.
  5. The Executive Director will keep a written record and will investigate in accordance to the Complaint Procedures. The Executive Board receives formal complaints and is kept abreast of the situation.
  6. If the situation feels unsafe while the complaint is being reviewed, the Executive Board will decide how to proceed.

嫌がらせに関するポリシー

パウエル祭協会(PSFS)は、すべての参加者、ボランティア、祭り来場者に、安全で敬意を表する、嫌がらせのない祭りの体験を提供することに取り組んでいます。 

パウエル祭協会は、身体的、言語的、または精神的な嫌がらせや差別を容認しません。 私たちのイベントでは誰もが歓迎され、すべての参加者が敬意と親切をもって扱われます。 

人種、文化、宗教的信念、性的指向、性自認と表現、少数性別、身体的または精神的能力、婚姻関係の有無、経済的地位、年齢、祖先、外見、または出身地についての好ましくない発言、ジョーク、または批判 などは許容されません。 

我々の嫌がらせに関するポリシーに違反している参加者は、パウエル祭協会のイベントに参加する資格を失う場合があります。 

問題が発生または目撃された場合の手順は次のとおりです。 

  1. 合理的で、苦痛でない場合は、関連する個人に行動が好ましくないことを伝え、攻撃的な行動を止めるように要求します。  
  2. 申立人は、問題を軽減するために講じた手順を文書で記録する必要があります。  
  3. 必要に応じて、苦情をエグゼキュティブディレクターに通知します。 エグゼキュティブディレクターに通知するのが不快または安全でないと感じた場合は、会長または副会長に通知してください。 安全だと判断された場合は、スタッフがこの手順を支援することができます。  
  4. スタッフからインシデントレポートフォームを要求し、完成したフォームをエグゼキュティブディレクターまたは会長に提出します。 エグゼキュティブディレクターは出来事を記録し、適切な方法で対応します。  
  5. エグゼキュティブディレクターは書面による記録を保持し、苦情手続きに従って調査します。 理事会は正式な苦情を受け取り、状況を把握します。  
  6. 苦情の審査中に状況が安全でないと感じた場合、理事会はどのように対応するかを決定します。