fbpx

Cultural Context Brief

Powell Street Festival has an incredibly a diverse audience of over 22,000 festival goers. We welcome and strive to be inclusive to all people. Please consider the following context during your participation at this community event.

  • Our Festival has contemporary and historical significance to Japanese Canadians, Asian Canadians, Indigenous Peoples and People of Colour in Vancouver and beyond, and welcomes a multicultural, multiracial audience.
  • Our Festival takes place in a low-income neighbourhood, the Downtown Eastside (DTES), with high rates of homelessness, mental health issues, and addiction issues. This neighbourhood is also a site of contemporary and historical activism. Powell Street Festival Society stands in solidarity with the communities of the DTES through our Advocacy and Outreach Committee efforts. Oppenheimer Park, the site of our festival, has been dubbed the “Backyard” of the DTES.
  • The DTES has a large Indigenous population. Oppenheimer Park, the site of our festival, is of historical significance to the Coast Salish communities in this territory: the Squamish, Musqueam, and Tsleil- Waututh First Nations. Powell Street Festival Society recognizes the ongoing colonization of Indigenous peoples and stands in solidarity with decolonization efforts.
  • Our Festival takes place on the same weekend as the Vancouver Pride Parade and Vancouver Dyke March as well as dozens of other queer celebrations. We stand in solidarity with the queer and trans (LGBTQAI2S) communities, and every year look forward to their presence at the festival.

Discrimination against these groups, and all people, is not tolerated.  If you need assistance determining if your language and or messages could be interpreted as discriminatory, please ask us.

We strive to be accessible, through our free programming, resources, actions, and artistic presentations.

Thank you for respecting our values of diversity and inclusivity.

パウエル祭の文化的文脈について

パウエル祭の来場者は22,000人以上の多様な文化的背景を持つ 人々で構成されています。私たちは、この全ての人々にとって包括的であることを目指します。当イベントに参加するにあたり、以下のことにご留意願います。 

  • 当祭りは、日系カナダ人、アジア系カナダ人、バンクーバーの原住民の人々や有色人種などにとって歴史的、現代的な意味のあるイベントであり、多文化で多人種の来場者を歓迎します。 
  • 当祭りは、低所得者地域であるダウンタウンのイーストサイドで開催されます。この地域は、ホームレスの人々や、精神的な問題、中毒の問題を抱えた人々の割合が多く、歴史的に社会運動が繰り広げられてきた場所でもあります。パウエル祭協会は、コミュニティの擁護・奉仕委員会を通じて、コミュニティ団体と連帯します。祭りの開催地であるオッペンハイマー公園は、ダウンタウン・イーストサイドの「庭」として知られています。 
  • ダウンタウン・イーストサイドには多くの原住民系の人々が暮らしています。祭りの開催地であるオッペンハイマー公園は、スクオミッシュ、マスクエム、スレイワトゥースのファースト・ネーションを含む、コースト・セーリッシュの人々にとって歴史的に重要な場所です。パウエル祭協会は、今なお継続する原住民の人々への植民地化の問題を認識し、コミュニティと連帯しながら脱植民地化を目指します。 
  • 当祭りは、バンクーバ・プライド・パレード、バンクーバー・ダイク・マーチを含む多くのクイア系のお祭りと同時期に開催します。パウエル祭協会は、クイア・トランス(LGBTQAI2Sコミュニティと連帯し、彼らが当祭りに参加・来場することを心待ちにしています。 

当協会は、上記の人々、あるいは他のいかなる人々への差別を許容しません。あなたの言葉遣いやメッセージが差別的と認識されるかどうかお悩みの方は、当協会までお問い合わせください。 

パウエル祭は、無料で提供しているプログラムや、協会の保有する資源、起こす行動、提供する芸術作品を通じて、多くの人に利用可能であることを目指します。 

多様性や包括性を含む当協会の価値観をご理解いただくことに、感謝いたします