Make a Wish with the Daruma

This past year has been a particularly difficult one, and we hope that 2021 has good fortune in store for us all. As you may know, darumas are seen as symbols of perseverance and luck. They’re also the unofficial Powell Street Festival mascotThe eyes of the daruma are initially blank. They are meant to be filled in on one side when a wish is made and only completed on both when that wish is fulfilled. 

In the spirit of Powell St Festival, we encourage you to create this gesture of good will to your community, your household, and Paueru Gai. Fold a daruma with whatever paper you have and fill in one eye to make a wish for the future. You can place your daruma in your window, take your daruma around your neighborhood for a photoshoot, or fold some to send to friends and family so they can also make new year’s wishes! 

As part of our DTES Community Care Program, we have been presenting origami prompts promoting wellness and cultural connection in the DTES. You can enjoy them here: https://powellstreetfestival.com/dtes-community-care-program/

Please share your daruma with us through Instagram by tagging @powellstfest 

Join the movement of goodwill and wishes this 2021! 

Click here to make your own daruma!

Design : kamikey         創作 : カミキィ

昨年は特に困難な年でしたが、2021年が皆さんにとって幸運であると願っています。ご存知かもしれませんが、だるまは忍耐と幸運の象徴として知られています。彼らはパウエル祭協会の非公式マスコットでもあります!だるまの目は最初は真っ白です。願い事をするときに片側に描きいれ、その願いが叶ったときにのみ両方に目を描きいれます。 

パウエル祭の精神で、私たちはコミュニティ、家族、そしてパウエル街に善意のこのジェスチャーを作成することをお勧めします。だるまをお持ちの紙で折り、片目を埋めて未来への願いを込めてください。だるまを窓際に置いたり、近所でだるまと共に写真撮影をしたり、折りたたんで、お正月の願い事をして友達や家族に送ったりもできます! 

パウエル祭協会は、DTESコミュニティケアプログラムの一環として、DTESの健康と文化的繋がりを促進するために折り紙の作り方をシェアしています。こちらからアクセスしてください。 https://powellstreetfestival.com/dtes-community-care-program/ 

@powellstfest_darumaにタグ付けして、インスタグラムを通じてだるまを共有してください。 

2021年、善意と希望の活動に参加してください!