Kayla Isomura is a Vancouver-based photographer best known for her multimedia exhibition, The Suitcase Project (2018). With a background in journalism, her interest in storytelling through multimedia has been deeply influenced by her roots as a fourth generation Japanese and Chinese Canadian. Kayla’s work has appeared locally at the Nikkei National Museum, Dr. Sun Yat-Sen Classical Chinese Garden, and Roundhouse Community Centre. In 2020, she made her debut in the United States. 

In 2018, The Suitcase Project made its debut at the Nikkei National Museum, asking over 60 fourth and fifth generation Japanese Canadians and Americans what they would pack thinking about the forced internment and incarceration many of their ancestors faced in 1942. In this demonstration, guests are invited to watch the video documentary filmed for this project, which further asks participants about the relevancy of this history today.  

ケイラ・イソムラは、バンクーバーを拠点とする写真家で、代表作はスーツケースプロジェクト(2018)というマルチメディア展です。ジャーナリズムの経験があり第4世代の日系カナダ人および中国系カナダ人としてのルーツに深く影響され、マルチメディアによるストーリーテリングへの関心があります。ケイラの作品は、バーナビーの国立日系博物館、チャイナタウンの中山中華庭園、ラウンドハウスコミュニティセンター展示されました。 2020年には、アメリカでデビューを果たしました。  

2018年国立日系博物館で展示されたスーツケースプロジェクト1942年に祖先経験した強制移動と強制収容について振り返りました。60名以上第4世代および第5世代の日系カナダ人と日系アメリカ人を対象に、自分だったら何をスーツケースに詰め込収容状に持って行くかを尋ねました。参加者はこのプロジェクトのために撮影されたビデオドキュメンタリーを視聴し、さらに、この歴史の今日的意義考える機会が与えられます 

Where you can find them: