The de Couto/Say/Arai Organ Trio is a Vancouver ensemble led by Jason de Couto on Hammond B3 Organ and features local jazz legends Dave Say on Saxophone and Bernie Arai on Drums. All three members are active and integral musicians in the local music scene and work in a variety of ensembles as leaders and sidemen. They have come together to form a unique and dynamic sound rarely heard in Vancouver, featuring the mighty Hammond Organ. The group plays a mix of Jazz, Funk, Pop, Latin, and Blues music, with influences ranging from Jimmy Smith, and Jimmy McGriff, to Larry Goldings and Sam Yahel.

デ・クト/セイ/アライ・オルガントリオは、ハモンドB3奏者のジェイソン・デ・クトを筆頭に、ローカルの有名ジャズ・ミュージシャンであるデイブ・セイのサックス、バーニー・アライのドラムをフィーチャーしたバンクーバーのアンサンブルです。メンバーはそれぞれバンクーバーの音楽シーンで活躍しており、普段は様々なアンサンブルで主奏者として、またサイドメンバーとして演奏しています。パウエル祭では3人が集結し、バンクーバーでは滅多に聴くことのできない、ハモンドオルガンをフィーチャーしたユニークでダイナミックな音楽を作り出します。ジミー・スミス、ジミー・マクグリフ、ラリー・ゴールディングス、サム・ヤヘルに影響を受け、ジャズ、ファンク、ポップス、ラテン、ブルースを組み合わせた演目となっています。