360 Riot Walk is an interactive walking tour of the 1907 Anti-Asian Riots in Vancouver that traces the history and route of the mob that attacked the Chinese Canadian and Japanese Canadian communities following the demonstration and parade organized by the Asiatic Exclusion League in Vancouver. Participants are brought into the social and political environment of the time where racialized communities were targeted through legislated as well as physical acts of exclusion and violence. The soundtrack is available in four languages of the local residents of the period: English, Cantonese, Japanese and Punjabi. Henry Tsang’s projects explore the spatial politics of history, language, community, food and cultural translation in relationship to place. His artworks employ video, photography, language, interactive media, food and convivial events in the form of gallery exhibitions, public art, pop-up street food offerings, curated dinners and more. Henry teaches at EmilyCarr University of Art & Design.

360 ライオット・ウォークは1907年のバンクーバーの反アジア暴動に関するインタラクティブなウォーキングツアーで、バンクーバーのアジア排斥同盟が主催したデモとパレードに続いて、中国系カナダ人と日系カナダ人のコミュニティを襲った暴徒の歴史とルーツをたどります。オーディエンスは、特定の人種コミュニティが法律、物理的な排除および暴力を通じて、標的にされた時代の社会的および政治的背景について学びます。サウンドトラックは、当時、地元の住民が使っていた4つの言語である英語、広東語、日本語、パンジャブ語で提供されています。ヘンリー・サンのプロジェクトは、地域の歴史、言語、コミュニティ、食べ物、文化的翻訳における空間的な政治作用を探求します。彼の作品には、ビデオ、写真、言語、インタラクティブメディア、食べ物、ギャラリー展示、パブリックアート、ポップアップストリートフードの提供、キュレーションディナーなどが含まれます。ヘンリーは、エミリーカー美術大学で講師をしています。

Where you can find them: