Support the Festival! Donate Now or Become a Member

The New Canadians (Preview) | Carolyn Nakagawa
ザ・ザ・ニュー・カナディアンズ(予告編)|キャロリン・ナカガワ

Location: Online

Carolyn Nakagawa presents a video preview of an upcoming musical which is inspired by the true story of the grassroots Japanese Canadian newspaper The New Canadian. The New Canadian was founded in the late 1930s within the heart of the Powell Street neighbourhood, located in the New World building on the corner of Powell and Dunlevy Street from 1939-1942. This piece celebrates and interrogates the idealism and achievements of their young staff, both on Powell Street and as they were forcibly scattered into different lives, continuing in various ways as exemplary Canadian citizens during and after Japanese Canadian internment. This trailer-video will give some contemporary context to the piece, and present its opening number in a minimalistic, black-box environment as a teaser of the full production to come.  

Carolyn Nakagawa is a fourth-generation Japanese-Anglo Canadian playwright, poet, and cultural organizer. Carolyn works in partnership with composer, music director, educator, and musical improviser, Peter Abando. Their creative team includes dramaturg Joanna Garfinkel, performers Brent Hirose, Kaitlyn Yott, and Chris Lam, stage manager Jillian Perry, set dressing by Laura Fukumoto, and videographer Christian Y. Jones.  

This project was made possible with support and funding from Canada Council for the Arts, BC Arts Council, Firehall Arts Centre, Touchstone Theatre, and the Powell Street Festival.     

 

場所:オンライン 

キャロリン ・ナカガワは、近日公開予定のミュージカル「ザ・ニュー・カナディアン」の予告編を紹介します。同名の日系カナダ人の草の根の新聞の実話から着想を得たものです。「ザ・ニュー・カナディアン」は、1930年代後半にパウエル通りの中心部で創刊され、1939年から1942年まで、パウエル通りとダンレビー通りの角にあるニューワールドビルで業務が続行されました。この作品は、パウエル通りにいた若いスタッフたちが、強制的に様々な違う場所へ送り込まれたにもかかわらず、日系カナダ人 が抑留されている間、また、その後も模範的なカナダ市民として様々な形で理想への追求とその成果を継続してきたことを讃えると同時に、問いかけるものです。この予告編ビデオでは、この後始まる本編の前に、作品の現代的な背景を説明するとともに、最小限のブラックボックス環境でのオープニングナンバーを紹介しています。   

キャロリン は、日系カナダ人4世の劇作家、詩人、カルチャー・オーガナイザーです。彼女は、作曲家、音楽監督、教育者、即興演奏家であるピーター・アバンドーと共同で活動しています。クリエイティブ・チームには、ドラマターグ のジョアンナ・ガーフィンケル、出演者は ブレント・ヒロセ、ケイトリン・ヨット 、クリス・ラム舞台監督にはジリアン・ペリー、衣装には ローラ・フクモト、そして、ビデオグラファーのクリスチャンY・ジョーンズが協力しています。  

このプロジェクトは、Canada Council for ArtsBC Arts CouncilFirehall Arts Centre、タッチストーン劇場、パウエル祭からのサポートと資金提供により実現しました。 

Event Status

Available Now

Program Type

Online On-demand

Program Categories

Theatre​

Language

English

Accessibility 

English Captions/Transcript

You might also like…