From the Prairies to the Pacific Rim |
E. Hiroko Isomura, Emily Riddle, Rita Wong, and Sacha Ouellet
フロム・ザ・プレーリー・トゥ・ザ・パシフィックリム

Location: Online

Writers Rita Wong, Emily Riddle, Sacha Ouellet, and Erica Hiroko Isomura trace their respective ancestries, activism, and creative endeavors from amiskwaciwâskahikan in the Prairies, across the Rockies, and into the Salish Sea. 

Echoing “Spatial Poetics” of Powell Street Festival’s past, this poetic exchange and artist conversation connects listeners with the spirit of language, land, water, and, ultimately, one another. 

 

Poet-scholar RITA WONG lives and works on unceded Coast Salish territories, also known as Vancouver. Dedicated to questions of water justice, decolonization, and ecology, she is the author of monkey-puzzle, forage, sybil unrest (with Larissa Lai), undercurrent, perpetual (with Cindy Mochizuki), and beholden (with Fred Wah), as well as the co-editor of downstream: reimagining water (with Dorothy Christian). 

EMILY RIDDLE is nehiyaw and a member of the Alexander First Nation in Treaty 6. She lives in amiskwaciwâskahikan. A writer, public library worker and researcher, she sits on the board of advisers for the Yellowhead Institute, a First Nations-led think tank. Emily was shortlisted for the 2020 CBC Poetry Prize and selected for the 2021 Writers’ Trust of Canada mentorship program. Her first chapbook is forthcoming with Moon Jelly House. 

SACHA OUELLET is an urban Indigenous Haida visual artist and writer driven by community, resistance, self-determination, and human rights advocacy. She was the past Indigenous news director and radio host of Coastal Voices at CFUV 101.9 in Victoria, BC, which received an honourable mention for Outstanding Achievements from the NCRA Community Radio Awards. 

ERICA HIROKO ISOMURA is a yonsei Japanese and Chinese Canadian writer who lives on unceded xʷməθkʷəy̓əm, Sḵwx̱wú7mesh, səlilwətaɬ, and qiqéytterritories. Selected by Room magazine for their 2021 Emerging Writer Award and past winner of Briarpatch’s Writing In The Margins contest, her work appears in Canadian literary mags, zines, and on the internet. In 2019, she co-organized ensoku for Japanese Canadian and Americans from across North America. 

 

Produced and edited by Erica Hiroko Isomura with funding from the Province of BC and support from Powell Street Festival Society. 

Thank you to Jaewoo Kang of VIVO Media Arts and shō yamagushiku for additional technical and captioning support. 

 

場所:オンライン

 

作家であるリタ・ウォン、エミリー・リドル、サーシャ・ウエレット、エリカ・ヒロコ・イソムラは、大草原のamiskwaciwâskahikan(エドモントンの伝統的な名称)からロッキー山脈を越えてセイリッシュ海へと、それぞれの祖先、アクティビズム(積極行動主義)、創作の試みを辿ります。  

パウエル祭の過去の「空間詩論」を反映させた詩的な交流とアーティストとの会話は、言語、土地、水、そして最終的には聞き手とのお互いの精神を結びつけます。 

詩人であり学者でもあるリタ・ウォンは、バンクーバーとしても知られているコーストセイリッシュの略奪された領土に住み、活動しており、水に関する正当性、脱植民地化、エコロジーの問題に取り組んでいます。 monkey-puzzle, forage, sybil unrest (ラリッサ・ライと共同執筆), undercurrent, perpetual (シンディ・モチズキと共同執筆), beholden (フレッド・ワーと共同執筆) の著者であり、Downstream: reimagining water (ドロシー・クリスチャンと共同編集)の共同編集者でもあります。 

エミリー・リドルは、ネヒユーで、トリーティ 6(6番目に署名された先住民族の領土)のアレキサンダー・ファーストネーション(先住民族)の一員です。彼女はamiskwaciwâskahikan在住で、作家、公共図書館職員、研究者であり、ファーストネーション(先住民族)主導のシンクタンクであるイエローヘッド研究所の顧問を務めています。エミリーは、2020年CBC 詩賞の最終選考に残り、2021年Writers’ Trust of Canadaのメンターシッププログラムに選ばれました。彼女の最初の小冊子は、ムーンジェリーハウス社から出版予定です。
 

サーシャ・ウエレットは、コミュニティ、抵抗、自己決定、人権擁護を原動力とする都市部の先住民Haidaのビジュアルアーティストです。以前、ブリティッシュコロンビア州ビクトリア市のCFUV 101.9チャンネルで、Coastal Voicesの先住民ニュース・ディレクター兼ラジオ・ホストを務めた経験があり、その時の優れた業績を認められて、NCRAコミュニティラジオアワードから佳作を受賞しました。 

エリカ・ヒロコ・イソムラは、日系・中国系四世のカナダ人作家で、略奪されたxʷməθkʷəy̓əm, Sḵwx̱wú7mesh, səlilwətaɬ, qiqéytの領土に住んでいます。Room誌の2021年Emerging Writer Award(新興作家賞)に選ばれ、BriarpatchのWriting In The Marginsコンテストの過去の受賞者でもある彼女の作品は、カナダの文学雑誌や同人誌、インターネット上に掲載されています。2019年には、北米の日系カナダ人とアメリカ人のために遠足を共同で催しました。 

~ 

エリカ・ ヒロコ・イソムラが演出と監修を担当し、ブリティッシュコロンビア州からの資金提供、そしてパウエル祭協会からの援助を受けています。
 

VITOメディアアーツのジェウ・カン、そして、追加のテクニカルサポートや字幕サポートをしてくれたショー・ヤマガシクに感謝します。 

Event Status

Available Now

Program Type

Online On-demand

Program Categories

Poetry, Literary​

Language

English

Accessibility 

English Captions/Transcript

You might also like…