Support the Festival! Donate Now or Become a Member

Conversation with Cindy Mochizuki and Henry Tsang |シンディーモチズキとヘンリー ツァン 

Location: Online – Facebook and YouTube Live

No Registration Required

Cindy Mochizuki and Henry Tsang use camera and projection technologies in unexpected ways to illuminate forgotten images and histories. The artists will talk about their work in an online discussion broadcast live to the Surrey Art Gallery’s YouTube and Facebook pages. Moderated by Gallery curator Jordan Storm.  

Powell Street Festival and Nikkei National Museum & Cultural Centre are community partners for this event.  

Cindy Mochizuki’s Autumn Strawberry uses hand-painted and digital animation to create an experience of life on Japanese Canadian farms before WWII. Emerging from her 2019 residency at the Surrey Art Gallery where she interviewed Nisei and Sansei (second and third generation) Japanese Canadians whose family worked on farms in the Fraser Valley, this project explores farm life, as well as the “dream of riches” held by many Issei (first-generation) Japanese Canadians, deforestation, and the future. This installation features a 60-minute immersive hand-painted digital animation projected on the gallery wall and small-scale interactive sculptures scattered throughout.  

In Hastings Park, Henry Tsang makes invisible history concerning Japanese Canadians during WWII visible again using a thermal imaging camera. Presenting photographs and projections of four buildings in Vancouver’s Hastings Park, where Japanese Canadians were detained before being sent to labour and internment camps, including the Livestock Building now associated with the Pacific National Exhibition. The thermal imaging technology used in this installation is typically used in the construction industry to reveal cracks or leaks in buildings through changes in temperature and light rays invisible to the human eye. 

 

2021年7月17日、午後7時〜午後8時まで 
場所:オンライン- フェースブック及びYoutubeライブ
事前登録の必要はありません 

シンディーモチズキとHenry Tsangは、熱画像カメラを使用して忘れられた映像及び歴史を意外な方法で再現出来る様にしました。両者はスーリーアートギャラリーのYoutube及びフェースブックページを通じて、オンラインライブ放送で彼らの作品についてディスカッションを行ないます。ギャラリーキューレターのJordan Stormが司会進行します。 

シンディーモチズキの「オータムストロベリー(秋の苺)」は、第二次世界大戦前の日系カナダ人の農場生活での経験を、手描き及びデジタルアニメーションを使用して描いています。 作者は、2019年にスーリーアートギャラリーにて、フレーザーバレーで農作業をしていた日系カナダ人一世と二世にインタービューする事によって、このプロジェクトでは多くの日系カナダ人一世達が持っていた「富の夢」、森林伐採及び将来も含めた農場生活に付いて探求しました。この作品の特徴は、60分間の没入型の手描きデジタルアニメがギャラリーの壁に投影されたり、また小規模な彫刻がギャラリー全体に散りばれられている事です。 

ヘイスティングパークでは、 Henry Tsangが熱画像カメラを使用して、第二次世界大戦中の日系カナダ人の目に見えない歴史を再現出来る様にしました。 ヘイスティングパーク内の4棟のビルの中では、 現在パシフィックナショナルエキシビションに展示されているライブストックビルディングを含めた、日系カナダ人達が拘束されて、労働収容所及び強制収容所に送られた様子が写真や映像によって映し出されます。この展示のために使用された熱画像技術は、建築業界で温度や人間の目には見えない光線の変化を通してビル内の亀裂あるいは漏れを見つけ出すために駆使されています。 

Event Status

Program Type

Online Live

Program Categories

Panel/Talk​

Language

English

You might also like…