Menu

Clala Dance Project
クララ・ダンス・プロジェクト

Location: Online

Tomoyo and her collaborators are exploring Japanese spirituality and after life through dance. The work “kikoeteimasuka”, which can be loosely translated from Japanese to “Can you hear me?” was initially created in Japan and was performed at the All Japan Dance Festival (2013) and REVERBDance Festival (2016) in New York. Currently they are further developing the work by compiling not only Japanese spiritual ideas but stories and ideas from other cultures and religions. 

Tomoyo Yamada is an interdisciplinary artist whose primary media are dance and choreography. Born in Japan and educated in the United States, she has spent most of her life traveling between North America and Japan, negotiating distinct cultural identities. Her practice is influenced by her ongoing research into identity politics and her self-reflexive interrogation of transnational cultural differences.   

場所:オンライン

トモヨと彼女のコラボレーターは、ダンスを通して日本的霊性及び死後の世界を探究しています。「聞こえていますか」という作品は、最初に日本で日本語で作られて、全日本ダンスフェスティバル(2013年)及びニューヨークの REVERBDance フェスティバル(2016年)で演じられました。彼らは、現在日本的な霊性に関する考え方だけではなく、他の文化や宗教からの物語や考え方も取り入れながら、更なる進化に向けて努力しています。 

トモヨ・ヤマダは、ダンスと振付を主な伝達の手法とする学際的なアーティストです。日本で生まれ、米国で教育を受けた彼女は、人生の大半を北米と日本の間を行き来しながら、異なる文化的アイデンティティと向き合ってきました。彼女の活動は、アイデンティティ・ポリティクスに関する継続的な研究と、国境を越えた文化的差異に対する自己反省的な問いかけから影響を受けています。 

Event Status

Available Now

Program Type

Online On-demand

Program Categories

Dance

Language

Japanese, English

You might also like…