Support the Festival! Donate Now or Become a Member

The Book Of Distance
ザ・ブックオブディスタンス

Location: Vancouver Japanese Language School, 487 Alexander St, Vancouver

Dates: July 28th, 29th, 30th, 31st, and August 1st

In 1935, Yonezo Okita left his home in Hiroshima, Japan, and began a new life in Canada. Then war and state-sanctioned racism changed everything—he became the enemy. Three generations later, his grandson, artist Randall Okita, leads us on an interactive virtual pilgrimage through an emotional geography of immigration and family to recover what was lost.

The Book of Distance blends techniques from mechanical sculpture, film, and stage to redefine personal storytelling in virtual reality. Family archives add a haunting layer of realism. 2D and 3D hand-crafted sets reminiscent of Japanese woodblock prints, evocative character design, and seamless choreography combine with surprising moments of interaction to gently whisk us across the ocean and through the years.

Okita invites us to participate in this generous act of imagination: a space of magical theatre and generational echoes. He never strays too far from our side as we move through the story’s darker moments. His need to reclaim his grandfather’s lost moments becomes our own. Together we reimagine a significant moment in history and take part in a very personal journey of loss and recovery.

For this experience, only one individual can experience this 30-minute event for a time slot. You may not book more than 1 person for each time slot. Due to the limited capacity of this experience, please only book the time slots that you will attend.

For this event, individuals wear a sanitized Oculus headset for the virtual reality experience. It is interactive and it takes approximately 30 to 45 minutes to experience. The equipment is sanitized between each user. Each reservation is for one individual, and they can experience the interactive film for as long as 60 minutes. Due to limited capacity, please only book the time slot that you can attend and send a notification via Eventbrite if you must cancel. 

Presented with the collaboration of the National Film Board and in-kind support from Emily Carr University of Art and Design.

Accessibility Disclaimer: The VR headset can be disorienting for folks who are neuro-divergent

2021年7月28日、29日、30日、 31日、8月1日午後12時から7時まで  
場所:バンクーバー日本語学校 
今すぐ登録して下さい

ヨネゾウ・オキタは、1935年に日本の広島の家を出て、カナダで新しい生活を始めました。その後、戦争と国家ぐるみの人種差別によって全てが変わりました—彼は敵になりました。 3世代後、彼の孫であるアーティストのランドール・オキタは、失われたものを取り戻すために、移民することによって、どのように家族(人間)の感情が周りの環境で左右されるのかを、参加式仮想巡礼方式で私たちに紹介します。  

  

ザ・ブックオブディスタンス は、機械的な彫刻、映画、舞台の技術を組み合わせて、バーチャルリアリティ形式で物語が語られ、現実の世界から逃れて物語の一部となります。家族のの大事な文書や写真などの収集品が、忘れがたいリアリズムを加えます。日本の木版画を彷彿とさせる2Dおよび3Dの手作りセット、刺激的なキャラクターデザイン、絶え間ない振り付けが、驚くべき相互作用の瞬間と組み合わさって、海を越えて何年にもわたって私たちを優しく駆り立てます。  

  

オキタは、私たちにも壮大な想像力を搔き立てられるように、魔法の劇場と世代間の反響の空間へと促します。物語が暗い場面になっても、彼は私たちの側から離れすぎず、横にいてくれます。私たちにも、彼の祖父の失われた瞬間を取り戻そうとする使命感が生まれます。歴史の重要な瞬間を共に再考し、非常に個人的な喪失と回復の旅に出ます。  

1回30分のイベントの時間帯にこの経験を出来るのは、たった1人だけです。この貴重な経験をする機会は限られていますので、各時間帯に1人以上申し込む事は避けて、あなたが出席される時間帯のみ予約して下さい。 

  

イベント中、バーチャルリアリティ体験をするために、オクルスヘッドセットが用意されています。この体験参加時間は、30分から45分で終了します。使用されたヘッドセットは、その都度除菌されます。各予約は1人にのみ有効で、60分もの間参加式映画を体験することが出来ます。ただし、数量が限られていますので、あなたが出席される時間帯のみ予約して、取り消しする必要がある場合は、イベントブライトを通して通知して下さい。 

国立映画制作庁の協力とエミリーカー芸術大学からの 援助を受けて作成されました 

アクセシビリティの免責事項:VRヘッドセットは、神経が発散している人々にとって混乱を招く可能性があります。 
 

Event Status

Available Now

Program Type

On Location Live

Program Categories

Participatory Activity​

Language

Japanese, English, French

Accessibility 

Japanese Captions/Transcript, English Captions/Transcript, Wheelchair accessible

You might also like…