Landscapes of Injustice is a partnership research project that focuses on the dispossession and forced sale of property owned by Japanese Canadians during the 1940s. One of our study sites is the Powell Street area.

ランドスケープ・オブ・インジャスティスは、1940年代の日系カナダ人が経験した財産没収と強制収容に焦点を当てたパートナーシップリサーチプロジェクトです。私たちのリサーチエリアのうちの一つが、パウエル街エリアです。

Where you can find them: