This video of Wind in the Pines is an edited version of a 60-min live performance at KCAI Crossroads Gallery in Kansas City, MO on October 25 & 26, 2019. Wind in the Pines weaves memoir, Noh theater, digital animation, sound and dancing to create an immersive excavation of a mysterious family past. Centering around Aretha Aoki’s Japanese family history during World War II, Wind in the Pines attempts to make the past feel present, despite language barriers, geographical and cultural distances, and the imperfection of memory. Multiple mediums, references and images create a space where history, fiction, imagination and embodiment can co-exist.

Aretha Aoki and Ryan MacDonald

Choreography by Aretha Aoki in collaboration with the performers

Performed by Aretha Aoki, Shaina Cantino and Alice MacDonald

Video and sound by Ryan MacDonald

Lighting Design by Christopher Akerlind

ビデオ作品ウィンド・イン・ザ・パイン、2019年10月25日と26日、ミズーリ州カンザスシティのKCAIクロスロードギャラリーで公演されたの60分のライブパフォーマンス編集したものです。回想録、能、デジタルアニメーション、サウンド、そしてダンスがミステリアスな家族の過去発掘し、オーディエンスを引き込みます。第二次世界大戦中のアレサアオキの家族が日本で体験した歴史を中心に、ウィンド・イン・ザ・パインは、言語の壁、地理的および文化的な距離、記憶の不完全さを超えて、過去現在に呼び起こします。複数の媒体、参考資料、画像を通じて、歴史、フィクション、想像力、および肉体的経験が共存できる空間を作り出します 

アレサ・アオキとライアンマクドナルド 

出演者とアレサ・アオキのコラボレーションによる振付 

アレサ・アオキ、シャイナ・カンティーノ、アリス・マクドナルド出演 

ライアン・マクドナルドによるビデオとサウンド 

クリストファー・アカーリンドによる照明デザイン