Carolyn Nakagawa and Laura Fukumoto host an intimate evening in the home of Muriel Kitagawa in 1940’s Vancouver to knit socks for Canadian soldiers overseas. Conversations weave through the complications of an enduring history, and the frustrations of maintaining connection across time and displacement.

Carolyn Nakagawa is a poet, playwright, and cultural organizer whose practice is deeply informed by history and her work at the Nikkei National Museum. She is currently developing a musical titled The New Canadians. Laura Fukumoto is a writer and designer. Her debut writing and directing project, Where the Quiet Queers Are, was honourably mentioned for two awards at the Vancouver Fringe 2019. Both graduates of UBC, Mending Circle is their first collaboration.

キャロリン・ナカガワとローラ・フクモトは、1940年代バンクーバーのムリエル・キタガワ家を設定とし、海外に駐屯するカナダ人兵士のために靴下を編みます。会話は、絶え間ない歴史の複雑さと、過ぎてゆく時間や強制収容の中で人とのつながりを保つ難しさを描きます。

キャロリン・ナカガワは詩人、劇作家、そして文化イベントのオーガナイザーであり、その実践は歴史と国立日系博物館での仕事の経験に深く根ざしています。彼女は現在、The New Canadiansというタイトルのミュージカルを制作しています。ローラ・フクモトはライター兼デザイナーです。彼女のデビュー作品、および監督プロジェクトであるWhere Quiet Queers Areは、Vancouver Fringe 2019で二つの賞を受賞し、高く評価されました。二人ともUBCの卒業生で、ザ・メンディングサークルが、初めてのコラボレーション作品となりました。