Emergency!! is a comical piece illustrating the frustration, impatience and hopelessness everyone must have experienced at least once in their lifetime by rushing to the bathroom — Only to find it occupied!! Dancers take you through dreams, memories, and hallucinations of their anxious experiences in public bathrooms. Recently adored by a variety of audiences at Dancing on the Edge (2019) and at Open Stage, it is perfect mix of theatre and dance topped with light comedy.

Clala Dance Project was co-founded in 2016 by Chihiro Nukuto and Tomoyo Yamada, both graduates from Mukogawa Women’s University in Hyogo, Japan. Following Tomoyo’s relocation to Vancouver Canada, the project-based collective is currently run by dancers Charlotte Telfer-Wan, Ana Daria Vieru and Tomoyo Yamada. Clala creates work shedding light on cultural identities and identity politics. Their works have been presented in festivals such as REVERBdance Festival (New York), Dancing on the Edge (Vancouver), and Open Stage at The Dance Centre (Vancouver). Choreographer: Tomoyo Yamada

Dancers: Jen Aoki, Kestrel Paton, Tomoyo Yamada, Charlotte Telfer-Wan

Music by: Julian Telfer-Wan

緊急!!は誰もが一生のうちに一度は経験するであろう、トイレに急いで駆け込もうとしたらすでに誰かが入っていた、というような状況で感じる欲求不満、焦り、絶望感を描いたコミカルな作品です。ダンサーはオーディエンスを、公衆トイレでの不安な体験を夢、思い出、幻覚で表現して導きます。ライトコメディーの要素が加わった演劇とダンスの完璧なミックス作品です。最近では、Dancing on the Edge(2019)とOpen Stageでさまざまなオーディエンスに親しまれています。

クララダンスプロジェクトは 、2016年に兵庫県の武庫川女子大学を卒業したチヒロ・ナツトとトモヨ・ヤマダによって共同設立されました。 プロジェクトベースの団体で、トモヨがカナダのバンクーバーに移転した後、現在はダンサーのシャーロット・テルファー・ワン、アナ・ダリア・ヴィール、トモヨ・ヤマダによって運営されています。クララは、文化的アイデンティティとアイデンティティ政治に焦点を当てた作品を制作します。彼らの作品は、リバーブダンスフェスティバル(ニューヨーク)、ダンシングオンザエッジ(バンクーバー)、ザ・ダンスセンターのオープンステージ(バンクーバー)など数々のフェスティバルで公演されてきました。

振付師:トモヨ・ヤマダ

ダンサー:ジェン・アオキ、ケストレル・ペイトン、トモヨ・ヤマダ、シャーロット・テルファー・ワン

音楽:ジュリアン・テルファー・ワン

Where you can find them: